建物を設計するとき、最初にスケッチするのはブロックラインです。
 
住宅建築の要は平面プランです。
 
 必要なスペースを互いに関係付けしながら、敷地自体が持っている諸条件を考えながら配置します。その際に考えなければいけないことが色々あります。
 
 
1.敷地の形、方位、道路からのアプローチ、高低差
2.日当たり、風通し(夏の風向き、冬の風向き)
3.周囲との視線関係(景色、日影、隣家との視線)
4.庭等の敷地の空きスペースをも考えた必要スペースの広さと繋げ方
5.1階、2階、中間階屋根裏等の立体的な関係 等々・・・
 
 
 
ブロックラインは考え方を整理する上で、細かなアレンジメントを一時的にに除外して、最も基本となる部屋位置を決めることになります。この後、様々な条件を載せてみるのですが、不具合があるときには必ずブロックプランに戻り、何度もこれを繰り返して吟味する事が大切です。必ず全てを満足させる適切なブロックプランがあると信じて作業します。